○付けで間違いを写す件について。

塾長の叫び

すごく基本的な話なんだけど、

出来てない子が結構いる。


特に勉強が苦手な子。


○付けして、

間違った所は答えを写して、

「できました!」




これはノートをそれっぽく仕上げただけで、

実は何にもなってない。


当たり前だけど、

「なんで間違ったの?」

とか

「ちゃんと覚えたの?」

とかを確認しないと出来た事にはならない。


実際、もう一回解かせてみても出来なかったりする。


確かにノートをパッと見た感じ、

やってる風に見えるから、

「お、そうかそうか」

って思いがち。


僕はここを徹底的に追求する。


もう一回解かせたり、

解き方を言わせたりして。


すぐにやり直ししたら、

場所で答えを覚えてたりするからその時は完璧でも、

時間をおいてやったらボロボロ、

みたいな。


単にワーク2周した、

とか意味無くて、

こういうのにいかに意識を向けるか、

そして覚えよう・理解しようとするかが大事。


塾でやる補習や個別指導はここに力を入れる。


そしてちゃんと覚えたか・理解できたかの確認が小テストであり、

テスト期間中のワークテスト。


テスト範囲のワーク全部をこれでやるとなると相当時間かかるから、

早めにテスト期間に入るのも納得でしょ?


その代わり、成績爆上げだからね。





肝はね、そこに妥協しない事。

妥協させない事。


僕がずっと目を光らせてるから、

変な事・成績上がらないような事したらすぐ突っ込むよ。


成績上げるにはめちゃくちゃ大事な事だからね、

そこには拘るよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました