☆トップ固定☆『定期テストで圧倒的に結果を出す塾』へようこそ!

塾開業

定期テストで圧倒的に結果を出す塾。

2020年3月1日、金沢市内で『定期テストで圧倒的に結果を出す塾』を開校します。

個別指導塾で勤務し始めた時からずっと思っていました。

「成績が上がる塾を作りたい」「点が驚くほど上がって喜んでいる生徒の顔を見たい」

その思いから、新しく塾を作ります。

開校までもう間もなく。

塾生には全身全霊で成績アップに当たる事を、ここに約束します。

どんな塾?

コースは1つだけ。
コースを選べるようにすると、結局今と変わらない塾になってしまう。例えば「英数を週1~2回でいくら」「5教科週3回でいくら」とコース設定すると、英数の子に勉強させる上で制限をかけてしまう。もともと、そんな事したくないから独立しようと思ったのに...


最低でも週3回。
5教科やるとなると、最低でも週3回通塾になる。部活終わりでも十分通えるように、19:00~19:30の間にスタート、22:00に終わる。1日2.5時間~3時間×3回。2.5時間で考えると例えば、①英語100分・社会50分②数学100分・理科...


当初の定員は20名+数名。
週3回の塾の日以外にも通う可能性は高いし、テスト前は毎日通塾だから、教室の広さが塾の定員になる。20人も入ったらいっぱい、ギリギリであと2人分くらいは取れるから、マックスは恐らく22名。20名まで来たら引越か拡張する。幸い大家さんが近くにい...


塾のスタイルの構想。
塾のスタイルとしては、通常は僕一人で最大10名を同時に見る。集団でも無いし、個別とも言えない。自立に近いかも知れない。でも、純粋な100%自立でいくつもりもない。自立40・個別40・集団20、なイメージ。演習中心で、勉強の進め方、やるべき事...


塾のスタイル1・自立的要素
成績アップ・志望校合格には、間違いなく塾生自身の、積極的努力が必要。それを身に付け、力を伸ばしていくのが、自立的要素。何よりも、自分で調べ、考え、答えを見つけ、理解に落とし込む事が必要。ただ、急に言われてもいきなり出来る事じゃあない。だから...


塾のスタイル2・個別的要素
そもそも自立まで持っていくまで、個別的に指導する事はままある。それに、全部が全部「自分で考えなさい」って言うつもりもない。自立というと「タブレット見せっぱなし」みたいなイメージが無くもないけど、そんな事はしない。「かゆい所に手が届く解説」っ...


塾のスタイル3・集団的要素
塾生たちを長く見てると、「全体的にここの理解が薄いな」って思う事がある。あと、例えば数学大問1みたいに、全員絶対取らないといけない部分もある。リスニングだって、受験生全員やらないといけない。そういう時は、同時に演習・解説をした方がいい。全員...

カテゴリ別の最新記事

☆登場人物☆

塾長:来年春に塾開業を計画している男。
ヨメ:家庭内の全てを束ねている。
ムスメ:保育園児。口が達者。
ムスコ:赤子。声がやたらデカイ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました