「〇〇が何とかしてくれる」という時代はとっくに終わっている。

塾長の叫び

「自分の将来は会社が何とかしてくれる」




「自分の生活は国が何とかしてくれる」




今は令和だ。




昭和の古き良き時代はとうの昔に終わっている。




「自分の幸せは自分で切り開かねばならない」が現代だ。




高校・大学もそう。




「あとは高校が何とかしてくれる」




「あとは大学が何とかしてくれる」




もうそんな時代ではない。




なのに、未だにノスタルジーな感覚を持っている人が多い。




気付いてからでは遅すぎる。




自分の未来は自分で切り開く。




そのためには継続・習慣化・積み重ねが不可欠である。




そうは言っても人間は意志の弱い生き物だ。




「やらねば!」がすぐに「今日くらい」となる。




高校大学社会人と、その「今日くらい」で負うダメージは大きくなっていく。




「今日くらい」が1週間続いただけで致命傷になりかねない。




うめざわ塾は継続するための場・環境を整えている。

タイトルとURLをコピーしました