「〇〇的なモノ」と「〇〇」との違い。

塾長の叫び

僕はあまりモノにこだわらないタイプ。






毎日使うモノであっても「使えればいいか」と、

あまりこだわらない。


(こだわったモノに限ってすぐ失くしたり壊したりする)









この前、あるお母さんから頂いた雑巾たち。





さっそく使わせてもらっています。





これがまぁ、いいんだわ!





いや、ただの雑巾なんだけどね。笑







今まではさ、

温泉タオルみたいなのを半分に切って使ってたの。






大量にあるから。





まぁ雑巾だし、それで十分でしょ、と。







ただ本当に半分に切っただけだから、

端っこがホロホロほころんでくるよね。






気になることは気になるけど、

縫うことも出来ないしそのまま使ってたの。








で、


頂いた雑巾は。








しっかり厚手。






端っこちゃんと縫われてる。







めっちゃ使いやすい。



















たかが雑巾とはいえ、

雑巾的なモノか雑巾かでこんなに違うものなんだね。







毎日使うもの、

ましてや今は必需品だから、


雑巾は雑巾的なモノじゃなく雑巾を使うべきだな、

と思いました。








身の回りには他にも「〇〇的なモノ」で済ましてるのがあるかも知れない。






それを「〇〇」に変えるだけで、

ちょっとだけ豊かな気持ちになれるのかも。









最後になりましたが、

お気遣いありがとうございます(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました