「できるかどうか」とか「力があるかどうか」とかいう考えは邪魔だ。

塾長の叫び

何かを始めるときに頭をよぎる「できるかな・・・」「自分なんかじゃ力が足りないよな・・・」なんていう考えは




邪魔




以外の何物でもない。




「できるできない」ではなく




「やるかやらないか」だ。




たとえ一度やってできなくても




「もう一度やってみよう」




と思うかどうかだ。




たとえ100回ダメでも




「もう一回、やってみよう」




と思えるかどうかなんだ。




「できない」は悪ではない。




失敗も然り、「力及ばず」も然り。




だけど、そこで諦めることで身に付いてしまう「諦め癖」と、いくつもの「機会損失」が与える影響は計り知れない。




学生のうちは気が付かないだろうけど




社会に出ると「はじめの一歩」を踏み出せるかどうか、そして「その次の二歩三歩」と動けるかどうかが、




その先の決定的な差を生み出すんだよね。




勉強




テスト




受験




それらは全て失敗が許されているし、




いくらでもリトライ・リベンジの道が開かれている。




だから僕は「よし、じゃあ次はどうしようか?」の視点を塾生たちに育ててほしい。

タイトルとURLをコピーしました