「なんで泣いてるの?」

雑談

鬼滅の刃遊郭編が始まり、我が家にも鬼滅ブーム再来である。




ムスメの大好きな鬼滅を見ながらヨメが話しかける。




ヨメ「煉獄さんのパパはなんで泣いてるの?」




ムスメ「んー、れんごくさんがしんじゃったから」




ヨメ「ピンポーン♪じゃあ、なんで炭治郎は煉獄さんのパパに頭突きしたの?」




ムスメ「んー、わかんない」




ヨメ「それはね・・・」




このやり取りを聞いたときに僕は感動した!




これこそ、国語力・読解力を上げる会話に違いないからだ。




アニメじゃ国語力は上がらない?




いやいや、物語において登場人物の感情を追いかける点で、アニメもマンガも小説も変わらない。




その経験を積み上げるには「好き」から始めるのが一番で、




アニメでその癖がつけられれば、この先、マンガや小説を読んでいっても自然とできるようになる。




逆に、アニメで出来ないなら小説で出来るわけがない。




マンガや小説に進んでいったときも、もちろん幼いうちは親のサポートや声掛けは必須だけど、




だからこそ5歳からその会話が「当たり前」となる雰囲気作りは大切だよ。




さすがは我がヨメ♪

タイトルとURLをコピーしました