「まだ早い」と言って先送りにしてイイコトってあんまりない。

塾長の叫び

親として、我が子に何かを習わせる時に「まだ早いかな」って考えはよぎるよね。


でも、そう言って先送りにするメリットって「決断にかかるストレスを回避できること」くらいじゃないかな。




サッカーでもピアノでもダンスでも、もちろん塾でも、

何かを始めるなら早いに越したことはない。




その分、かけられる時間も意識も労力も多くなるわけだから、

伸びるチャンスがドンドン増えていく。







と分かっていても、僕も2児の父。




「まだ早いんじゃない?」は何度となく発したセリフだったりする。





でもそれは、真に我が子を鑑みて「まだ早い」と言ったんじゃなく、

僕自身の意識が追いついてないだけ、なんだけどね。





もちろん、どこまで伸びるか、伸びたいと欲するか、は子供自身の問題。



親に出来る事は「チャンスを増やしてあげること」くらいでしかない。







だけど、親の意識の方向次第で、我が子の伸びるチャンスを増やせも減らせもするんだな、

なんて、から揚げ弁当食べながら考えてた今日の午後。

タイトルとURLをコピーしました