「ミライを生き抜くチカラ」とは何ぞや?

塾長の叫び

僕も人の親だ。


我が子には「未来を生き抜く力」を身につけてほしいと思ってる。





でも、「未来を生き抜く力」って何?



どんな力?









今の僕の答えは「答えの無い問題に答えを出す力」だ。





答えがある問題って事は、

すでに誰かがルール化しているって事。




そのルールに乗っかっていれば困ることはない。





でも、答えがない問題にぶつかった時はどうしたらいい?



ルールブックに書いてないけど、何をしたらいい?







こういう時に、

たとえ間違ってても答えを出していく、

そんな力の事じゃないかな。










そしてこんな時、

どうやって答えを出していけばいいのか。









「あの時はこうやった」


とか

「こうやったらああなる」

とか

「そもそもどうなったら正解なんだろう」

とか、

そういう風に考えて答えを出すんだよね。









そういう思考の土台となる部分に、今の勉強がある。


今はとにかく、


「あの時はこうやった」の「あの時」であり、


「こうやったらああなる」と思考する訓練中なのであり、


「そもそもどうなったら正解なんだろう」と考えて正しい1つの答えを見つけ出す練習をしているのである。






考える訓練に、勉強は最適なんだ。





未来を生き抜くのはほとんど、過去を参照する事なんだからね。







自分自身の過去を、

そして人類の過去を参照し、

生き抜く力を高めていく事。












それが勉強なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました