「中2で決まる」と言っても過言ではない。

塾長の叫び

高校受験において

「どこを目指せるか」

「どこまでなら手が届くか」

が気にならない親はいないだろう。




「望めばどこまででも!」

と言いたいところだが、そうも言い切れない。





中2の英数理、ここで躓くとなかなかシンドくなる。



しかも、中2の英数理は躓きポイントの連続である。




受験生になって手が回らなくなって、

1つ、また1つと志望校を落としていかないといけない羽目になりかねない。





この1年で点数を大きく下げてしまう子が多発。




そんな学年である。





あなたのお子さんは違うと、誰が言えるだろうか。








そしてもう1つ「頑張り癖」も外せない。









中2から通いだした今の受験生たちは、

なんやかんやで「頑張り癖」がついてきた。




春休み夏休み冬休み、そして爆上げの週6通塾なんか慣れたもんだ。



1日4時間くらいの勉強は、顔色ひとつ変えずにやってのける。






10-10も何度も経験してるしね。








しかし、これは一気に身に付いたものではない。




誰もが最初はヘトヘトで、眠くって、集中がもたなくて・・・




毎日毎日繰り返し、何度も何度も経験してようやく「身に付き始めたかな」と。



これからギアを上げても付いてこれそうだな、と。







受験生になって、部活引退して、さてそこから勉強に切り替えて・・・








あれ?



いきなり出来ない?




1日10時間はしないと間に合わないけど?




集中力がもたない?









「ウチの子はできるはず」




それ、あなたの勝手な願望ね笑




こちとら、今まで何十人何百人と受験生を見てきたから。








中2である程度、決まってしまう部分は大いにあるよ。

タイトルとURLをコピーしました