「何か」を探すとき、たいてい「何か待ち」

塾長の叫び

やりたい事って、ジッと動かず考えてたって出てきやしないんだよね。




僕も経験あるなぁ。




10代の頃、やりたい事もなく、ただただボーッと過ごす日々。




自分を動かしてくれる何かが見つからないか、何かが起こらないか。




その「何か」待ち。




結果、何も見つからず何も起こらなかった。笑




だってその間、なーんもしてないもん、何も変わってないんだから、何かが変わるはずなんかないよね。




でもそういう時に限って、環境や周りの人間のせいにして不幸顔するんだよ。




「何か」を探してるんなら、目の前の事に一生懸命になってみれば?




明らかに「何か」とは違ってても、そこから「何か」に近付けるよ。




一生懸命にやってれば、間違いなく「何か」が起きる。




「何か待ち」なんていう下らない時間を過ごすよりはよっぽどマシってなもんだ。

タイトルとURLをコピーしました