「何回ですか?」とか言うなし。

塾長の叫び

じゃこれ練習ね、と紙を差し出すことがある。




よく、ある。




それに対し「何回ですか?」と聞いてくる子にはいつも同じ事を返す。




「テストして書けるんなら0回でいいし、まだ書けないって思うんなら100回でも足らん。何回書くかは自分で考えな」




当たり前のことだけど、めっちゃ大事なこと。




こういう小さなことを、何度も言って聞かせて、やらせてみて、成功と失敗を繰り返す。




そうして少しずつ成長していけばいい。

タイトルとURLをコピーしました