「偏差値」の話をしよう。

塾長の叫び

偏差値とは、自分が「平均」からどれくらい離れているかを表している。



平均は「全体」から出される。




その「全体」が大きく変わったら?



「偏差値」も大きく変わる。




高校受験の間は「全体」が大きく変わるってことはほぼないけどね。





でも「全体が大きく変わる瞬間」を、多くの人が経験する。






高校だ。






高校受験の間は、例えば総合模試は、色んな学力の子が受ける。






泉丘・附属志望の子から、工業高校や総合学科志望の子まで、幅広い。




でも、高校生になって受ける模試はそうじゃない。





大学進学率が6割弱。




単純に、下位4割強が受けなくなるから、



「全体」の水準が大きく変わる。





どれくらい変わるのかというと。





偏差値50で高校生になり、


そのまま上からの順位が変わらなかったとすると。







偏差値38




ってね。




図で描いてみようか。




偏差値50はちょうど真ん中。








ここから下位4割を








抜くっ








ね?




大学を志すなら、




高校生になってからが本当の正念場




だよ。

タイトルとURLをコピーしました