「入学時点でなるたけ上位」は違う。

塾長の叫び

さっきまでの話を聞くと、




「入学時点でなるたけ上位にいなければ」




と思うかもしれないが。




それは違う。




入学時点では、一部を除き




大多数がほぼ同一線上にいる




と思っていい。




そして、




入学時点での順位など大学受験では全くアテにならない




と断言できる。




なぜそう言えるのかというと。




僕が見てきたから。




中学生から高校生、そして大学生になっていった子たち。




その行く先々を変えたのは間違いなく




日々の積み重ね




だ。




圧倒的多数が高1の春から同じ内容を学び始める。




毎日、超特急で進んでいく勉強で大事になるのは




・早く始めること




・絶対にモノにすること




の2点だ。




それをサボった者は瞬く間に転落し、




着々と積み上げた者はジワジワと昇りだす。




3か月後には入学時の順位など関係なくなり、




半年後・1年後には「え、そうだっけw」である。




「入学時点でなるたけ上位に」




そうじゃない。




「入学前からなるたけ多くの『出来る!』を」




なのである。




そのためには「習慣の継続」が不可欠である。

タイトルとURLをコピーしました