「全・自分の周りの人」と戦うのではない。

塾長の叫び

受験とは他の多くの受験者たちと点数を競い、上位〇〇位に入れば合格、入れなければ不合格、というシンプルな戦いである。




「自分がどれだけの実力を持っているか」




ではなく




「自分が周りと比べてどの位置にいるか」




である。




が故に。




比べる必要のない相手と比べてしまって気が重くなる




もしくは




比べる必要のない相手と比べてしまって図に乗る




というのが起こりがち。




あくまでも




「同じ高校を受けた人の中で」自分がどの位置にいるか、で決まるんだから、




志望校が違う人と比べる必要なんかない。




自分の周りにいる全ての人と戦うわけじゃないんだから!




どこに行きたくって




そのためには何が足りなくって




それを埋めるために何をするのか




した結果、うまくいったのか




それともうまくいかなかったのか




コツがつかめたのか




結局ヨクワカランのか




ヨクワカランけど取れたのか




メッチャワカッタけどミスったのか




意識を向けるべきは常に「自分」




過去や現在の「自分」




「全・自分の周りの人」は、自分を改良するための参考資料に過ぎない。




「改良型・自分」を毎秒ごとに作り出すのだ。




それさえできれば絶対に大丈夫である。

タイトルとURLをコピーしました