「劣等感」という名のストッパー。

塾長の叫び

「劣等感」が成果を邪魔してる子をよくみる。




兄弟姉妹、友達、先輩後輩、

色んな人と比べて「自分は劣っている」と思う。






そして「劣っているから出来ない」と思い、


「どうせ出来ないから」と、途中でやめてしまう。







実は劣っているから出来ないんじゃなく、

テンション低くやってるから、

そして途中でやめちゃうから「出来ない」のに。








つまり、

誰かと比べて、自分で自分に「出来ない」ってレッテルを貼って、

自分の行動にストッパーをかけちゃうんだ。











何でもいいと思うよ。



「漢字は負けない」とか「暗算無敵」とか「生物だけは得意」とか。


「姿勢はめっちゃイイ」とか「鉛筆の持ち方がキレイ」とかでもいいと思う。







劣等感がストッパーになってる子は、

人と比べて何がダメなの?って聞いたら

「アレもコレも、全部」と言ってしまう。









違うね。








確かにアレもコレも劣ってるかも知れないけど、ソレは出来るやん。




その子にとっての「ソレ」が見つかれば、目一杯育ててあげよう。





そうしたらね、次なる「ソレ」が見つかるから。








次第に「アレ」も「コレ」も、

受け入れた上で「やってみるか」となるよ。









さて。






そうと分かれば親の出番だ。








我が子を徹底的に観察し、会話し、見つけ出して欲しい。




そしてその点を、愛情を注いで育て上げて欲しい。







たった1つであったとしてもそれが自信となり、


自分からストッパーを外しだすから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました