「効率」は「非効率」の中に生まれる。

塾長の叫び

「効率のよい方法」







「非効率とも思える経験」




の積み重ねで得られる。




決して




「効率のよい方法を教えてもらう」




だけでは得られないのだ。




誰かの「効率のよい方法」が自分にも合うとは限らないし、




「効率のよい方法」を知ってる誰かは、自分には考えつかない所まで意識を使って「方法」を実践しているのだから。




そして、「効率」を求める者は飽きっぽい。




いくら「効率のよい方法」だとしても、結果が出ないからとすぐにやめてしまっては効果はゼロ。




ではどうすればいいのか。




練習に次ぐ練習で、自分だけの感覚、




「こうすればこうなるな」




「ここを意識すれば出来るんだな」




「こうやったから失敗したんだな」




という経験を積み重ねていくしかない。




その経験が「自分だけの効率のよい方法」を生み出す。




口で言うのは簡単だが、その実現には




そればっかりやる




ずっとそれしか考えない




を、




ずっと




続けることが必要だ。




上手くなりたいなら、まずは




ずっとそれしか考えず、ひたすらにやってやってやりまくる、ということをずっと続けること




から始めてみようか。

タイトルとURLをコピーしました