「国語を捨てるべきか」に対しての僕の答え。

塾開業

国語は上がるのに時間がかかり過ぎるから、この時期で国語が苦手なら捨てて他の勉強に時間をあてるべきだ




という考えはよく耳にする。




僕の答えは




ノー!




明確にNO!!!




だ。




確かに国語力アップには手間がかかる。




でも




今、国語が苦手=今まで国語の勉強をしていなかった




は成り立たない。




だから




今、国語が苦手=入試までに国語アップは望めない




も成り立たない。




今まで、勉強を進めるパワーが10だったとしよう。




その10を各教科に割り当てて、各2ずつだったとしよう。




そして、国語に2では上がらないとしよう。




ならば。




勉強を進めるパワーを20にすればいい。




そして例えば、国語に10、残りに2.5をあてればいい。




では、勉強を進めるパワーを20にするためには?




①時間を増やす




②濃度を濃くする




そのどちらもやれば、パワーを倍にすることだって出来るだろう。




冒頭の「国語は上がるのに時間がかかり過ぎるから、この時期で国語が苦手なら捨てて他の勉強に時間をあてるべきだ」ということを言ってくる人は




君の力を見くびっているんだよ。




裏切ってやろうぜ、その目をいい意味で。

タイトルとURLをコピーしました