「夢」についての補足。

塾長の叫び

子供の、


例えば小学生の夢として「消防士になりたい!」ってのは、

1ミリも否定するつもりはないよ。







むしろ「おぉ!めっちゃイイやん!」って思う。





応援したくなっちゃう。





一緒に筋トレしようぜっ♪

って思っちゃう。











違和感を感じるのはいい大人の、


それには社会人目前の学生も含まれるんだけど、


そんな人たちにとっての「夢」







そういう人たちにとっての「夢」は、

その程度じゃいけない。











スタートはそこであっても、


夢を語る段階ではもっともっと深く大きくなっててほしい。







そうじゃないと、

自分で自分の限界を設定してるのと同じになっちゃって、


だからかえって、「夢がねぇなぁ」って思うってワケ。

タイトルとURLをコピーしました