「夢」は押し売るものじゃなくて見せるもの。

塾長の叫び

人が夢を語るとき、

最初は「人」を見てるんじゃないかな。




〇〇みたいになりたい!みたいに。





それが職業だったとしても、

その職業に就いてる誰かを思い浮かべてたりさ。







夢が具体的になるにつれて、

その誰かが自分になるんだけど。









そう思うキッカケがね、

「人」なんじゃないかなって。








そう思わせてくれる人ってさ、

例外なくカッコイイんだよ。








見た目じゃなくて、

雰囲気?生き様?働く姿?



とにかく、生き生きと生きてる。












夢ってさ、しばしば押し売りされるんだよね。






「夢を見つけろ!」って。








子供にしたらしんどいよ、

そんなの言われても。








近くにいる大人が生き生きとプライドもって生きてたら、

子供は勝手に自分の夢を見つけてくるよ。








だからさ、夢の押し売りなんかせずに、


見せびらかせてやろう。











自分=夢の姿をさ。

タイトルとURLをコピーしました