「対策してもらう」という悪癖。

塾長の叫び

今日で爆上げが終わる。




爆上げ中はひたすら自学、質問はいつでも可。




いわゆる「対策授業」的なものは一切しない。




「対策してもらう」というのが癖になるとヤミツキになって抜けられないからだ。




テスト勉強は何をすればいいか




それくらいはみんな分かっているはずだ。




覚える




理解する




読む




何回もやる




全部、今さら言われないと分からないことではない。




テスト範囲表にも「これをしなさい」と書いてあるし、学校でも散々言われているはずだ。




もちろん、その手の質問や相談があればいくらでも乗る。




しかし、僕から押し付けることはしない。




なぜか?




自分でやってみて成功と失敗を繰り返して得た経験こそが最も子供たちを強くするからだ。




「誰かにみっちり対策してもらわないとテスト勉強すらできない」




そうなってしまっては早晩、頭打ちだ。




そして数年後には間違いなく沈む。




うめざわ塾は「点数さえ上がれば何でもいい」「どんな手を使ってでも点数を上げる」などというナンセンスなことは決してしない。




中3までには「定期テストの勉強くらい自力で何とかする」という力を身に付けさせる。




高校大学社会人と勉強弱者で苦しむ姿を、僕は見たくない。

タイトルとURLをコピーしました