「当たり前」だと思わせられるうちに。

塾長の叫び

今の中1生たちは、中学校に上がるちょっと前からうめざわ塾に来だした。



当初は1日2時間を週3回、

春休みは1日2時間を週6回、

入学後は1日3時間を週3回、


そして今、爆上げ中は1日3時間を週6回。







意図せずではあるが、徐々に勉強習慣の定着と1日の勉強時間を伸ばすことに成功した。



しかも彼ら、割と「当たり前」という感覚でいる。




中学校に入る前から、もしくは入ると同時に、この「当たり前」の感覚を手に入れた。






これは強いよ。



すでに中学校に入って1ヵ月が経ち、それぞれがそれぞれの「当たり前」を持っているかと思う。





勉強習慣がつかなければ、そういう当たり前、


テスト前だけど遊ぶのならばそういう当たり前。







そんな子たちが勉強で「ヤバさ」を感じた時に、まず最初の障壁となるのがそういう「当たり前」だからね。




初っ端に良い「当たり前」を得た君たちはこれからドンドン強くなるよ(^^)/




そしてそれを成せたのは他でもない、ママさん達の初動が素晴らしく早かったからである。

タイトルとURLをコピーしました