「必死さ」が違うからさ。

塾長の叫び

ある会社の社長は、自社の商品の仕入れ値・仕入先・商品の状況・売値の全てを把握しているという。




もちろん帳簿も付けているが、帳簿を確認するまでもなく即答できる状態だと。




その社長の下で働く社員がある日、尋ねた。




「なんでそんなに細かく覚えられるんですか?」




社長「『必死』だからさ」




「必死、ですか?」




社長「君たちとは『必死さ』が違うからさ」




さっき、テスト前だから日曜日も塾を使いたいと塾生から連絡があった。




当たり前にOKである。




塾生が「危機感」を持って「必死」になって「自分から」申し出たのだ。




その時こそ、普段以上の力を出せる。




・・・




さて




僕は塾業界に身を置いてしばらくだが、




独立して3年目だが、




年々、「危機感」は強まっていく。




年々、いや日々、「今ほど危機感を持っている時はない」という状態だ。




塾生が増えるたび、アルバイトを雇うたび、




それに胡座をかくどころかむしろ「彼らを守らねば」「彼らを強くせねば」という思いが膨らんでいく。




こんな感情は、サラリーマン室長の時はどうやっても得られなかった。




ハッキリ言って「必死さが違う」のだ。




その辺のサラリーマン室長が仕切る塾よりよっぽど、個人塾の方が「通ってよかった」と思えるよ。

タイトルとURLをコピーしました