「志望理由書」の書き方アドバイス。

塾長の叫び

この季節になると受験生は推薦入試絡みの「志望理由書」を書くことがある。




そしてよく塾生から質問を受ける。




書いたものを「これでいいですか」と持ってくる子もいれば




「志望理由に何を書いたらいいか分かりません」




「自己PRってどう書けばいいのか分かりません」




と聞いてくる子もいる。




書けない子はもちろん、とりあえず書いた子にも言えるのは




中身が空っぽ




という点。




これはある意味、仕方ないんだよね。




この手の作文はおそらく初めてで、その書き方・アプローチの仕方をロクに教わってないから。




だからほぼ決まって僕が言うのは




「3年後、もしくはもっと大人になった時の『理想の私の姿』を考えなさい」




である。




この先変わってもいいし、多少盛ってもいい。




ただ純粋に「こうなった私、カッコいい」と思える姿を想像すること。




面倒くさいかも知れないけど、文章というのは「君のハート」がモノを言う。




そこがしっかり固まると、君の志望理由書は一気に説得力を持ち始めるよ。

タイトルとURLをコピーしました