「教えてもらう時」というのは「教える側」のみに効果がある。

塾長の叫び

分からない問題が出てきた時、友達に聞く。




コレ、一見自然な行動だけど、思わぬ落とし穴がある。








それは



「教えてもらう側」のメリットは非常に小さい




という事だ。









その友達は、教えるプロではない。





だから「相手の頭を動かす」のが大事だと知らない。





でも教えるために、自分がやった事を言語化する。



この時、めちゃくちゃ頭を使う。






問題が出来る、というレベルではなく、

問題を教えられる、というレベルを自然と目指すワケだから。









一方、それを聞いた方は無意識に「答え」だけを探す。











その問題の答えが分かっただけで、

応用が利くほど理解できたかどうかは怪しい。









聞く側に「頭を動かす」という意識が無ければ、

せっかく自分のために質問したのに、

相手(ライバル)の学力アップに貢献しただけ、という結末になる。














これはしばしば、

僕ら塾講師でも当てはまるから注意せねばならない。

タイトルとURLをコピーしました