「確実に入れて、出す」

塾長の叫び

勉強はまず、「やった事を確実に頭に入れて、余すことなく正確に出す」が出来ないと前に進めない。



「やっても出来るようにならない」って時はね、ぼやっとしか入れてないんだよね。



ふわっと、雰囲気で、たぶんそんな感じ、くらいの感覚かな。


それなのに「やった!」と。





何年もかけてそういう勉強の変なクセをつけてきたのなら、

それを抜くのにも相当な気概と労力と時間が必要となる。



しかも、自分じゃ気付けないんだ。





だからテストで確認してもらうってのが一番イイ。








遅くても中学生の間にその悪癖を正しておかないと、

それ以降の勉強はオシマイ( `ー´)ノとなっちゃう。

タイトルとURLをコピーしました