「精一杯やったのに失敗した」という経験は絶対に必要。

塾長の叫び

精一杯やったんだから上手くいくはず




と本人も周りも期待する。




ところが、精一杯やったから必ず上手くいく、というほど世の中は簡単にはできていない。




精一杯やったのに上手くいかなかった。




で、どうする?




諦める?




それならそれで止めはしないけど、




それでこの先の長い人生、やっていけるかなぁ。




さて。




「精一杯やったのに上手くいかなかった」




この時に自分の甘さを痛感する。




それを学力アップのキッカケとすれば十分だ。




「塾に入ったから」でも「先生の言う通りに」でも「たくさん勉強したから」でもなく、




自分の内側から湧き出る感情が、自分を動かし、自分を変えるのだ。




そのために「精一杯やったのに上手くいかなかった」という経験は絶対に必要なんだと思うよ。

タイトルとURLをコピーしました