「継続」がどれだけ難しいかをあなたは知っているはずだ。

塾長の叫び

毎日1時間の勉強




これを継続させるのがどれだけ大変か、あなたは知っているはずだ。




1日1時間だけすればいい、のではない。




1日1時間、毎日、欠かさず、何があっても必ず、やり続けるのだ。




たとえばそうだなぁ、筋トレにしよう。




仕事が長引いた




飲み会があった




旦那とケンカしてイライラする




妙に洗い物や洗濯物が多い




今日は楽しみにしていた金曜ロードショーがある




子供の友達がお泊りに来て賑やかしい




なんか、ヤル気が出ない




そんな日があったとしても、あなたは毎日1時間、筋トレを続けられるだろうか。




「今日は疲れたしゆっくりしよう」




は、一切無し。




自分ひとりの意思の力だけじゃ、なかなか続けられない。




キツいよね。笑




でも、学生時代なら出来たはずなんだよね。




毎日何時間も部活。




なんで出来たんだろう。




仲間と、顧問と、それらが集う場所があったから、しかもそれが半ば強制的に行かされる場所だったから、じゃないかな。




自分ひとりだけの力でやり切る必要なんかない。




誰かと一緒に集まって出来るなら、それで十分に素晴らしい事じゃないか。




だって、毎日やり続けるってあんなに難しいんだから。

タイトルとURLをコピーしました