「読解が苦手」である原因はアレです。

塾長の叫び

「読解が苦手」という声は本当によく聞きます。




「だけど、どうやって上げたらいいのか分からない」とも。




その原因は当然ながら「語彙」にあるんですが、じゃあ「語彙」が貧弱な原因はなにかというと。




漢字




です。




今まで多くの生徒を見てきてハッキリ言えるのが




「漢字はできるけど読解ができない」という子を見たことがありません。




そして百発百中で「読解ができる子は漢字ができる」とも断言できます。




さすがに「漢字が得意になったら自動的に読解が得意になる」とまでは言えませんが少なくとも




「漢字が得意になったら、読解が得意になる道への入口には立てた」とは言っていいでしょう。




読解に不安があるお母さん。




一度、今の学年の漢字がスラスラ書けるか確認してみてください。




ワークでもネットでもいいので、ぜひ一度テストをしてみてください。




きっと、想像以上に書けませんよ。




その場合、今の学年の2学年以上さかのぼって復習するのをオススメします。




ぜひ一度、というかこの記事を読んだ方で「ウチの子、読解がニガテだわぁ・・・」という方は




今の学年の漢字テスト




をやらせるのを強くオススメします。




そこから先はどうしたら?




という話はまた次回に(^^)




タイトルとURLをコピーしました