「選べない」のは欠点だろうか。

塾長の叫び

うめざわ塾に「コース選択」という概念はない。



「英語だけ」「数学だけ」というのは無い。




春夏冬講習も同様である。









なぜ、このような形にしたのか。



イマドキ、選択肢が多い方がいい、というのが常識なのに。







色々理由はあるが、そのうちの1つに

「成績を上げたいから」

というのがある。







コース選択制だと、

どれだけコースを取るか、

どれだけコマを取るか、

という話になり、






つまるところ「お金」で手厚さを売ることになる。








経済力がある家庭はそれでいいかも知れないが、

そうではない家庭(もしくは教育費にそこまでかけない方針の家庭)は


「払えないのでやめときます」と。







最低限のコース・コマで通塾となると、

多くの場合、成績など上がらない。





何のために独立するのか?








言うまでもなく、


出来るだけ多くの子供に、

出来るだけ高く学力アップを実現したいから


に他ならない。











僕は塾で働いてきて、

「コース選択可能」が営業過多を呼び、

成績アップをなおざりにさせてるんじゃないか、

という答えに行き着いた。









だから「コースを選べない」のは欠点ではなく、


塾においてはむしろ長所になり得るんじゃないかな。

タイトルとURLをコピーしました