「間違えた」はちっとも恥ずかしくない!

塾長の叫び

「間違えた」や「分からない」に対して極度に恥ずかしがるor嫌がる子がいる。




そりゃ、大声で「間違えた!!」と言いながら堂々とされても困るんだけど笑




間違いをキレイに消し、分からない箇所を必死に隠す必要もない。




それらはむしろ、次への一歩に繋がる大事なヒントだ。




正解不正解という「結果」で判断するのではなく、




どう考えどう答えに至ったかの「過程」こそ大事。




結果を見るのは簡単だけど、過程を見るのは難しい。




だけど過程を見たほうが、よりよく成長できると断言できる。




でも人間、どうしても結果に目が行きがちなのも確か。




だから僕ら大人が強く意識して、子どもたちの「過程」をしっかり見て、褒めるor助言するようにしていかないと、だね。

タイトルとURLをコピーしました