『受験は夏休みから』と誰が言ったんだろうか。

塾長の叫び

『受験は夏休みから』こんな言葉を当たり前のように聞くけどさ。






受験、ナメんなよ?








中学入学以来2年以上の年月を、小学校含めたら8年以上を、


もっと言うなら言葉を理解し始めた頃からずっと時間をかけて培ってきた力に、

たった半年で追い付けると、本当に思うのかい?








小学校卒業時点で目に見える差はほんのちょっぴりだったとしても、

中学入学とともに差は開き、3年生の頃には違う次元の住人になってしまう。







「あの時やっていれば・・・」とは誰でも口にする言葉だ。










始める上では早いに越した事はない。






子供は「目の前」しか見えていない。












辛い・面白くない・やりたくない・遊びたい・楽したい















そんな我が子を引っ張るのは親しかいない。










『受験は夏休みから』などでは決してない。




とっくの昔にスタートは切られている。








今、ぼぅっと立ってるだけでもドンドン差がついていく。











ならば今、走り出すしかない。








ちょっとでも早く動き出すのが、

差が開くのをとどめ、差を縮め、埋め、ついには差をつけてやる唯一最大の方法なのである。

タイトルとURLをコピーしました