『字』について。

塾長の叫び

字はキレイに越したことはない。


生きてて、字がキレイなだけで得する事ってたくさんあるんだ。




ただ、

字がキレイ=勉強出来る、

とは違う。


でも、

ていねいな字かどうか、

は大事。




たまにいるんだけど、

ぐちゃぐちゃと字を書く子。


そういうぐちゃぐちゃな字を書くとき、

たいてい姿勢が悪い。

姿勢が悪い時、

たいてい集中してない。


つまり考えてない。


だから成績上がらない。




字をていねいに書こうとすると、

姿勢がよくなるし、

姿勢がいいと集中しやすくなる。





僕自身、

字はキレイじゃないんだけど、

「この字とこの字は別の字」

って区別出来るようには書いてる。


もちろん他人目線で区別出来るように。


なぜそうなったかって、

自分の字を読み間違えてミスった事が何回もあったからなんだよ。笑




勉強する事は、ほぼ字を書く事。


字を書く事を雑にすると、

勉強も雑になるんだ。


僕がいつも言ってるのは、

キレイじゃなくていいから、

ていねいに書け。


ていねいが分かりにくいならゆっくり書け。


僕は、

字が変わった事で勉強態度が変わった子を何人も見てきた。


そうなるともちろん成績も変わる。


キレイじゃなくてもいいから

ていねいにゆっくりと。


その指導は大事にする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました