あなたの声は届く。必ず。

塾長の叫び

入試が迫ってきた。


私立は1週間切ってるし、

公立も1ヶ月ちょい。




成績を見て焦る。





我が子を見てイラ立つ。




周りを見て嫉妬する。





言わなくていい事とは分かってるけど、

つい言ってしまう。











僕は、




本音ほど心を打つものは無いと思ってる。





「勉強してほしい」


とか


「成績上がってほしい」



とか、


そんなのは本音じゃない。










我が子の夢が実現してほしい。




我が子の笑った顔を見たい。




我が子の幸せを世界一願ってる。




だって我が子だもん。




当たり前じゃん。









本音で話す機会は、


大人になればなるほど減っていく。






なんでだろうね。





カッコつけるからかな、きっと。






本音ってダサく感じるもんね。






でもね。







本音ほど、



心を打つものは無いんだよ。







直前期だからこそ、




武装した理論は捨て去って、




心から、





素直に、





全力で、





応援しようよ。





あなたの声援は、




それが本心であるなら、




たとえ素っ気ないリアクションだったとしても、




絶対に響いてるよ。







大丈夫。




恥ずかしくないから。





カッコいいから。






自信を持って。






世界一の我が子に。





世界一の声援を。






出来るのは、




あなたしかいない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました