あのさ。

塾長の叫び

あのさ。




君がさ。




「頑張りたい」って言うからさ。




僕はその想いに応えようと思ってやってるんだよ。




今までどうだったか、なんてどうでもいいからさ。




見せてよ。




君の「頑張りたい」って気持ちをさ。




僕のスタンスは変わらないよ?




「頑張る子・頑張りたい子には全力で」




「そうでもない子にはサヨウナラ」




僕はそれでもいいと思ってる。




だって、君にとって「勉強はそうじゃない」ってことなんだからさ。




それは他の誰も、責めることはできないよ。




で、君は「頑張りたい」んだろ?




じゃあさ、見せてよ。




君の心をさ。

タイトルとURLをコピーしました