ある休日の夜。

雑談

夜8時。


晩御飯も食べ終わったし、

お風呂に入る。


僕とムスメが先に入り、

ムスメと入れ替わりにムスコを洗う。


ムスコと共にお風呂からあがる。


ヨメがお風呂に入ってる間にムスコにミルクをあげ、

ムスメに寝るように説得する。



ちなみにムスコは何が気に入らないのか、

絶賛ギャン泣き中。



「さぁ!明日は保育園だし、寝よっか!」


ムスコを抱っこして階段前で声をかけた。



ムスメ「うーん。だっこ。」






はい?







赤ちゃん抱っこしてるんですけど?









そう言いたい気持ちをグッと飲み込む。



僕は男の子だ。



子供二人くらい、

抱っこ出来ないでどうする?



無駄なプライドが出てきた。




右腕にムスコ(7キロ)、

左腕にムスメ(15キロ)。



階段は15段ほど。







ふっ。




これくらいやってやらぁ。












寝室へ。











ん?



なんか、





臭う?














・・・いや、気のせいか。












ムスコはまだ泣いている。







ムスメをおパンツからオムツに履き替えさせないといけない。






ギャン泣きのムスコを布団に置き、



ムスメを・・・






ん?






やっぱりなんか・・・?








いや、やっぱり気のせいか。









ムスメのおパンツを脱がし、

オムツを・・・











!!!?









うんちしやがったなーーーーー!!!!!!?













急いでトイレに連れていく。



おパンツに被害確認。







もううんちは出切ったようだ。





お尻を拭き・・・










ムスメ「ん~くすぐったいよ~」











ええい!!






体をクネクネさせるな!!









シャンとしなさいシャンと!!











ようやく拭き終わった。












やっと寝れる・・・







一応、パジャマ(下)を確認っと。










・・・マジか。





アウトか。












ギャン泣きのムスコを、

オムツ丸出しのムスメに託し、

一階へ。











替えのズボンを握りしめてダッシュで二階へ。






早く、


寝たい。。










無事にズボンを履かせ、

ようやく寝る準備は整った。








そう。








まだ、寝る体制しか出来ていないのだ。







ここから、


ムスコをなだめつつ、


ムスメを寝入らせる。









これを、ヨメは毎日やってるんだよな。









グチ1つ言わずに。








感謝だよ。





尊敬だよ。










こんな事で文句なんか言っちゃダメだね。
















よし。

















寝ろ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました