ある意味、覚悟であった。

塾長の叫び

こんなうめざわ塾のスタンスを決めたのは、

ある意味で覚悟でもあった。









塾を経営する以上、

お金が無いと生きれない。






生徒を集めねば野垂れ死ぬだけである。










生徒に好かれる塾。





中学生に目線を合わせればそれは、

楽である事

である。








しかしうめざわ塾はその逆を行った。



すでに

「あそこに行ったらめっちゃ勉強させられるらしいで、ヤヴァイヤヴァイ」

なんて噂されてるくらいだ。笑









フツー、こんな塾には通いたくない。






誰も通わなければ、

今頃はひっそりと首をくくってたかもしれない。笑









ま、僕は何があろうと生きて家族を幸せにしてみせるけど。




そんな事はどうでもいいとして。












こんな、あえて生徒に嫌われるようなスタンスにした。







そこには、塾をやる上で絶対に譲れない事があったから。











それが何かは・・・









ブログの読者様ならご想像に難くないんではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました