いつ、学力が上がるのかというと。

塾長の叫び

授業を受けているとき?




教えてもらってるとき?




いいや、違う。




黙々とテキストに打ち込んでいるとき




である。




じゃあ講義・解説は何のために存在してるのかというと




イントロダクションとモチベ維持




である。




今、高2〜3生は目の前で英語の和訳に打ち込んでいるが、




僕が言葉を発したのはほとんど「じゃあ、やろっか」のみである。




イントロダクションは夏休み中に十分やったし、そこで「おっ、読めるかも♪」という感覚も得られたはず。




しかし、そうは問屋が卸さないわけで笑




問屋に卸してもらうには、十分に演習を積んで何度も自問自答し、あーでもないこーでもない、えっそういうことやったん?を繰り返していくしかない。




さて、そろそろ赤ペンが入りだしたようだ。

タイトルとURLをコピーしました