いつ伸びるか、に関して。

塾長の叫び

やり始めてすぐに伸びる子もいれば、長く苦しむ子もいる。




いつ、数字として現れてくるのかは千差万別。




我が子がすぐに伸びるタイプなら嬉しいだろうが、僕はどちらでも構わないと思っている。




だって、続けてさえいれば、必ず伸びる日はやってくるんだもん。




高校受験に間に合わないと意味がない?




僕はそうは思わないな。




僕は高校で一気に伸びて国公立に受かった子たちを何人も知ってるよ。




今の高校部にだってそういう子達がいる。




中3生とその親にとって「志望校合格」は悲願ではあるだろうが、




半年後にその「悲願」は変わってるよ。




高校受験は、この先に必要となる猛烈な努力の助走期間でしかない。




僕はそう思うよ。

タイトルとURLをコピーしました