お母さんの「そろそろ塾を・・・」という感覚は正しいです。

塾長の叫び

少なくとも父親よりも子と接している時間、子の将来を考えている時間が長いお母さんの、




えも言えぬ不安や危機感からくる「この子に塾を・・・」という思いは、正しいです。




だからこそ自信を持って「ではどこの塾にしようかしら?」の段階へ移ってください(^^)




そして情報収集には時間を割いてもいいかと思いますが、その後の意思決定は最速でいきましょう。




お子さんや旦那さんの説得に時間がかかってしまうケースもありますが、




「塾で頑張ってるすげー!」とお子さんを家族で盛り上げてあげれば、少なくとも子どもの気持ちは勉強へ傾きます。




ヒケツは、「やるorやらないの判断は光速で」です(^^)

タイトルとURLをコピーしました