これ、実話。

塾長の叫び

これは僕が実際に見たことのある生徒のパターンでね。




成績優秀で某進学校に悠々合格を決めた、当時中学3年生。




この子も「高校からは自分で」と言って塾を辞めた。




当時は国立大学を志していたようだった。




高校入学後、半年もしないうちに戻ってきた。




学年ビリを争う状態となって。




その半年で完全に勉強習慣を失くし、1年生の始めの始めから復習するも、




その量と難しさ、そして復習している間に学校が進んでいくスピードに、




完全なるお手上げ状態。




追い付く気力すら失くしてしまっていた。




1年生の終わりには国立大学どころか、大学進学すら諦めムード。




あんなに希望を持ってたはずなのに。




たった半年で取り返しのつかない事態に陥ってしまった。




こんな本当に恐ろしい話が、




本当に「よくある」話、なんだよ。

タイトルとURLをコピーしました