これは戦いである。

塾長の叫び

夏期講習、

中3は塾生それぞれの状況によって、

カリキュラムを変える。









先に残りの単元を片付けてから一気に復習しにかかるのか、

まずは持てる時間をすべて復習に充てるか、

予習復習をバランスよく組み立てるか。










ただ、

可能な限りの時間を塾で過ごしてもらう。









分かってると思うけど、

「疲れた・・・」

「学校の宿題が・・・」

は言い訳に使えない。









というか、

そんな事言った時点で、

僕に何言われるか分かったもんじゃない。笑












受験は戦争である。

そこに「様子見」という名の何もしない時間があってはいけない。










君らに与えられた武器は、

皆平等に「ペン」と「時間」だけだ。








ならばその武器を極限まで磨き上げて、

大いなる敵に打ち勝とうじゃないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました