こんな傾向は確かにあるだろうと思う。

塾長の叫び

成績のいい子の親ほど、我が子の勉強時間を増やす方向に動き




そうでない子の親ほど、我が子の勉強時間を減らす方向に動く




キチンとデータを集めたわけではないが、僕の経験上、確実に言えることだと思う。




成績のいい子の親は常に、さらなる学びを与えるチャンスをうかがってるから、




それが見えたときに掴みに行くのが速い。




その逆に、勉強時間を減らす行動、そう言うと「そんなことはない!」と反発されそうだけど例えば




この子のペースややり方に合っていない




とか




この子には無理だろう




とか




こんなに払ってるんだから結果を出しなさい




とか言ってみたりしてね、自分で自分の子の学ぶチャンスを遠ざけてしまっている




そんな傾向が、確かにあると思えてならないんだよね。

タイトルとURLをコピーしました