そうか!こういう感覚かっ!

塾長の叫び

昨日のヨメからの書き置きより抜粋。








「以下の2つは必ず守ってください。

 ・出したものは自分で片付けてください。
鍋敷きとか調味料とかを出しっぱなしにしないで。

・汚したら自分でキレイにしてください。
バリカン使ったあと、髪の毛がゴミ箱のフタについていました。
冷蔵庫にもナゾの醤油の汚れがありました。

ここは実家じゃありません。

家族の一員という自覚を持って責任ある行動をしてください。」









スミマセン・・・









オカシイなー




昨日出勤の時に

「ヨシ!お片付けしたしこれでヨメに何か言われる事ないぞっ♪」

って思って出たんだけどなー・・・






あと、冷蔵庫の醤油は僕のせいじゃ・・・












( ゚д゚)ハッ!









そういう事かーー!!!








やってるのに成績が上がらないという子はこういう感覚なのか!










自分の「やった」感と、

必要な「やった」レベルが

マッチしてない。







そしてそれに気付いてない。







必要な「やった」レベルに対する僕の「やった」感は、

よく見積もって6割。





そして6割程度じゃ、

周りから見たら「やってない」のと同じ。







おそらく、

8割くらいまでいって始めて

「ちょっとはやるようになった」

という感じ。










1ページに10問あったとして、

6問正解程度じゃ「勉強してない」のと同じ。



8問正解で「やっとやるようになったか」という感覚。









じゃあどうなったら「やった」という事になるのか?











10問中10問正解である。











ここまできてようやく、

やるべき事を「やった」という事になる。







この、

必要な「やった」レベルに比べて、

自分が「やった」と思う感覚が低いと、

「やってるのに上がらない」となる。









本人はやってるつもり、

でも結果はやってないのと同じ、

ってなるんだね。












このギャップを埋めるにはまず、

今のままじゃ全然足りてないという事に気付く事が必要である。









君の今の感覚は、

必要なレベルとズレてないか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました