そう考えると僕の夢って。。。

塾長の叫び

そう考えると、僕の「夢」ってなんだろう。





自分の塾を作りたかったし、



うめざわ塾は存続させ続けたいし、



塾生たちにはもっと成績伸ばしてほしいし、


もっとパパママの不安を解消していきたい。









でも、それは「夢」ではなく、


現在進行形の任務であり責務。








やって当然、

やらねば僕の存在する意味が無い。






息を吸って吐くのと同じくらい、

当たり前のこと。










例えば、


夢って言っていいのかは分からんけど、










じぃさんになって、

ばぁさんになったヨメと、

のーんびり散歩して、


あー幸せだったなぁって、


自分たちの人生を振り返って、



死ぬ寸前まで、


互いに「来世でも一緒になりたいね」って言い合いたいな。













これが「夢」だとすると、

死ぬときまで実現しないワケだ。











おぉ。。。









頑張らねば。

タイトルとURLをコピーしました