そこでハシゴを外しちゃダメだよ?

塾長の叫び

子どもと大人で生きる時間が違う、と最近思うようになってきた。




僕らにとっての1年後なんかすぐだけど、子どもたちにとったらそれは遠い未来。




1ヶ月後ですら「まだ大丈夫」という感覚。




中2・高2は入試まで1年。




大人目線では「いよいよこれからっ汗」と焦り始める時期であるが、




当の本人にはまだそんな自覚は無く。




「1年後?まだまだやん」と。笑




さして焦りもしないその様子に、焦りのあまりイライラして




「したくないならせんでええ!」




とか




「何のために塾に行ってるの!」




とか、そうでなくても「ヤル気がない」「向上心がない」「危機感がない」と断定して接していると




数ヶ月のうちに自らハシゴを外しちゃう、もしくは親の方からハシゴを外しちゃう




そんな結果になってしまう。




じゃあどうしたらいいの?という問に対する答えはおそらく




耐えること




じゃないかな、と思っている。

タイトルとURLをコピーしました