そこにはやっぱりあの人(?)がいる。

塾長の叫び

僕は変わることに戸惑うタイプ。

環境も行動も。

大きかったり小さかったり、その時々で違うけど、

変わる事に不安を持ちやすい。




中学生で言うと

「明日から勉強しよう!」

「でも続けられなかったら・・・?」

みたいな感じ。


周りから見るとそんなバカな事を考えてるの?

って思うでしょ。

何をやる前からやった後の心配してんの?

って。


でも実際、あなたもそういう面あるんじゃない?


「よし!1日1ページずつ問題集を進めるぞ!」

「あー・・・でも本当に続けられるかな・・・」

とか

「しっかり宿題管理してみようかしら!」

「でも忙しいし毎日見れないかも知れない・・・」

って。

これ、僕の中ではあるあるです。




でもそういう場合、たいていは始めてしまった方が得をする。

やってみたら色んな事が見えてくるし、

始めてみたら色んな人が知恵を貸してくれる。

特に、『色んな人が助けてくれる』ってのはめちゃくちゃ心強い。

自分はやった事ないけど、

周りの誰かはとっくにやってたりする。

こうすると上手くいかないとか、

こうしたら上手くいった、とか。


そういうのを誰かが積み上げてくれてる。

他力本願的な意味じゃなくて、

そういう人の話にアンテナが向くようになる。

結果、上手くいく可能性が高まる。


もちろん、最終的には自分自身が考えて動かないと何にもならないんだけど、

たぶんこの世で最初に『それ』を始めた人よりの何百倍もスムーズに事が進む。




要は、なんでもやってみるが吉。

頭では分かってても、どうしても踏み出せない時、

あの人(?)の言葉を思い出そう。

やってみないと、前に進まないもんな! by カレーパンマン

それいけアンパンマン!ブルブルの宝探し大冒険

そう。


やってみないと、1ミリも前には行けないんだ。


別に進んでから戻る事も出来るし、

進みながら道を変えることだって出来る。

でも、動かないと今とは何も変わらない。

今で100パー満足してるならいいんだけど、

あなたはきっとそうじゃない。

僕は何かに躊躇した時、

カレーパンマンに背中を押してもらってる。




君の心にもカレーパンマンを。

やってみないと、前に進めないもんな!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました