そのための高校受験だよね。

塾長の叫び

中学生で「勉強は自分のため」と思える子は圧倒的に少ない。




でも、高校生になると、




少なくともうめざわ塾の高校部生たちは、




自分のための勉強




が出来るようになる。




これは「高校受験」という経験がそうさせたのだろう。




ほとんどの子が、多かれ少なかれ勉強は「やらされるもの」だっただろう。




それが、高校選び・模試・統一テスト・入試と、時を追うごとに




他ならぬ自分のために、今、勉強している・せねばならぬ




という感情が大きくなる。




そして、結果はどうあれ高校生となり、




他ならぬ自分のために、今日も勉強せねば




が当然のこととして生活できる。




これほど大きな収穫はないと思うよ。




もちろん合否は出るよ?




だけど、その「収穫」と比べればそこまで大事ではない。




だって、合否があるから頑張るわけだし、




その結果「合」であれば将来安泰、「否」であればお先真っ暗なんてことないじゃん笑




でも、




「志望校のためにある限りの知恵を絞って行動した」のであれば将来安泰、




「なんとなーく高校生になった」のであればお先真っ暗




とまでは言わなくても、そこに決定的な差は生まれた、とは思うよ。




タイトルとURLをコピーしました