その山も実は塵の集まりなのならば。

塾長の叫び

出来ることなら自力で頑張ってほしい・・・






ほとんど全ての親の、子に対する希望。








例に漏れず、僕自身もそうだ。





ただ「自力で頑張る」=「塾に行かない」ではないと思う。





というか、

塾に行ったとしても、

結局自力で頑張らないと成績は伸びない。









まず、

家での長時間・長期間の勉強を習慣化させるのは、

相当な努力が必要。








我が家のムスメが1階じゃ寝ることができないのは、

すぐそこにおもちゃがあるから。








大人でも家でダラダラしてしまうのは、

そこにテレビとソファーとスマホがあるから。




大人が家でのんびりできないのは、

そこに散らかった部屋・洗濯物・子供の姿、

ほか諸々が見えてしまうから。





ダラダラしないためにオフィスに行く、

またはのんびりするために (大人だけで)カフェやショッピング、旅行に行く。







どうしてもここに居ると出来ないから、

それが出来る環境に身を移す、

という所は自分の意志でやるものだし、

その環境に身を置いたら頑張れるのなら、

結局それはすべて自力で頑張ったと言っていいと思う。







ただ、

塾に行けばその道のプロがナビゲートしてくれたり、

解説などのフォローはいくらでも受けられたり、

というオマケが付いてくる。








まぁこれも、

オフィスに行けば上司・同僚・部下の助けを得やすいし、

カフェや旅行に行けば快適に過ごすためのサービスを受けられるのと同じ、

だと僕は思う。










そして、

すべてを完全に「自分ひとりだけで完結」させることのできる人間は、

おそらくこの世には存在しない。




いたとしたらそれはおそらく人間ではない。








前置きが長くなったね。笑





長すぎて自分でも何を言ってるのかわかんなくなってきた。笑








うめざわ塾はこの「自力」で頑張れる環境づくりをしていく。



そのために僕は何ができるか。





まだまだ課題は山積み。






その山も実はチリの集まりだとすれば、

毎日チリを取り払っていけば絶対に山は無くなる、

ってことだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました