それじゃ遅いんです。

塾長の叫び

塾には「ヤバくなってから行く」と考える人が多いよね。




それじゃ遅いんです。




素人目にも「ヤバさ」が分かるということは、プロの目から見れば




「何で今まで放っておいたんですか!?」




であることも多々ある。




病気が1番分かりやすいかな。




「なんか調子わるいな・・・でも休むわけにもいかないし・・・」




で、放ったらかし続けたある日、突然の吐血。




「末期ですね・・・助かる見込みは・・・」




という恐ろしい結末。




そうならないためにはどうすればいいでしょうか?




検査と予防、だよね。




健康診断や人間ドックで定期的に異常がないかをチェック。




規則正しい生活、バランスのいい食事に適度な運動を、出来れば医師の助言を得て実施。




かかりつけ医を作って「いざ!」に備える。




こうすれば何かあっても助かる可能性はめちゃくちゃ高くなるよね。




塾だってそうなんだよ。




「ヤバくなってから」じゃ遅いんだよ。




「ヤバくなる前に」「ヤバくならないために」行くべきなんだよ。

タイトルとURLをコピーしました