だからこその高校受験であったのだよ。

塾長の叫び

新高1生たちは毎日4時間の勉強を続けている。




ようやく数1の1章の終わりが見えてきたね。








数1「だけ」




だけどね。







僕が言ってたこと、

ちょっとは理解できてきたかな?







たったこれだけの内容を、

問題演習込みでこんなにかかるんだよ。







数1「だけ」で。








さぁ。



ここからは想像力を働かせろ?









高校に入学し、




授業が始まり、




部活も始まり、





家に帰った時にどれだけの時間と体力が残っているか。





残りHPとタスクは釣り合ってるか。










・・・







どう考えても釣り合ってるようには思えないよね。





どう考えても、

「今だからこれだけ出来ている」よね。







だからこその春であり、


だからこその高校受験であったのだ。









近い将来、

自分の身に降りかかる状況を想像し、


大いに恐怖し危機感を持って、


この春を過ごせ。

タイトルとURLをコピーしました